ホーム ブログ

你的問題不是男同性戀,而是對女性氣質的偏見 — Strike雜誌

探討性別歧視與女性恐懼症對LGBTQ+社群的影響

在當今社會,性別與性傾向的討論日益成為公眾對話的焦點。然而,隨著這些討論的深入,一個令人不安的現象浮出水面:在全球範圍內,男同性戀者相較於女同性戀者遭受更多的歧視和不被接受的情況。這種差異背後的原因,可能不僅僅是選擇性的恐同症,而是更深層次的性別歧視。

根據跨學科女性主義社會學家雷亞·阿什利·霍斯金博士的研究,「女性恐懼症」—對女性氣質的貶低和管制—是加劇對女性、男性、跨性別和少數族裔暴力行為的一個關鍵因素。霍斯金博士指出,女性恐懼症不僅影響酷兒女性和男性,也影響所有女性,並為順性別男性的有毒男性氣質提供了支持。

這種對女性氣質的討厭與對女性本身的討厭有直接聯繫,因為女性氣質被定義為被視為女性特徵的品質。然而,值得注意的是,女性氣質並不僅限於女性。男性也可以表現出女性化的特質,而這絕不應該被視為一種犯罪。

幾個世紀以來,社會普遍認為女性特徵不如男性特徵有價值。當任何性別的人表現出情感、敏感,甚至喜歡粉紅色等特質時,他們往往被視為不夠優越。在當今時代,身為女性或表現得像女性仍然被認為是軟弱的象徵,這是一種深刻的錯誤觀念。

在我生活中的眾多LGBTQ+朋友中,我一直看到女性恐懼症的影響。我的最好的朋友和室友都是社區裡的男性。然而,由於他們表現自己的方式不同,一個人受到的批評比另一個人少得多。這不是要忽視我的男性朋友可能經歷的同性戀恐懼症,而是要提請人們注意這樣一個事實:我的女性朋友在走出公寓時還有很多事情要擔心。

社會上存在的古老觀念,即男人應該有男人的樣子,女人應該有女人的樣子,並且不應與社會期望不同,助長了這種仇恨。性別流動性是在1993年提出的概念,人們本應該至少在31年後能夠接受描繪女性氣質的男人和女人不應該因為他們的身份而受到質疑。

我們不應該因為男同性戀者有女性氣質而仇視他們,也不應該因為女性女性化而憐憫她們。無論性別如何,女性氣質都是一種美麗的屬性,我認為每個人都可以從中受益,讓自己的性格中多一點「柔軟」。

肯德爾·安·克拉克
博卡拉頓,《Strike》雜誌內容撰稿人

對抗MAGA對平等價值的挑戰

國會議員詹姆斯“吉姆”麥戈文:共和黨對 LGBTQI+ 群體的無情攻擊

在當今的政治氛圍中,共和黨在第118屆國會的表現引起了廣泛的關注和討論。作為國會平等核心小組的創始成員和副主席,我有必要分享我對這一情況的見解,特別是關於共和黨對LGBTQI+群體的攻擊。

眾所周知,共和黨內部的混亂使得第118屆國會成為近代史上效率最低的國會之一。由於眾議院共和黨人無力治理,我們才勉強避免了政府關閉和國債違約。共和黨多數派的缺乏生產力對我來說並不奇怪。作為眾議院規則委員會的高級成員,我親眼目睹了共和黨人將他們的優先事項放在攻擊LGBTQI+群體上,而不是致力於解決所有美國人面臨的挑戰。

在過去的九個月裡,規則委員會沒有考慮過任何一項法案簽署成為法律。這種無效和無能的表現,在共和黨的控制下,成為了我國史上最糟糕的國會會議之一。當民主黨掌權時,我作為上屆國會規則委員會主席,我們提出了許多重要法案,如《薪資公平法案》、《兩黨背景調查法案》和《約翰·R·劉易斯投票權促進法案》。我們還致力於保護LGBTQI+群體的立法,如《尊重婚姻法》和《平等法》。

然而,現在在反平等的共和黨人掌權下,我們看到規則委員會的大多數成員加班加點地安撫MAGA極端分子。這些右翼共和黨人發誓要投票否決任何不符合他們意願的法案,並始終希望限制LGBTQI+人群的權利。我震驚地看到,提交給規則委員會的文件中超過95項反LGBTQI+修正案,並且共和黨人向眾議院提出了50多項反LGBTQI+法案和修正案。

共和黨人的一些最令人震驚和道德上令人厭惡的攻擊是針對跨性別群體,特別是跨性別青年。他們通過了要求學校強行驅逐跨性別學生的修正案,並禁止跨性別女孩在幼兒園參加學校運動隊。這些行為反映了共和黨人對LGBTQI+群體的無情攻擊。

我們也看到了共和黨在政府撥款法案中提出的數十項反平等修正案,這些修正案不僅針對必要的醫療護理,還鼓勵對LGBTQI+族群的歧視。這些行為表明,共和黨人只是把他們殘酷的、反平等的花招扔到牆上,看看效果如何。

國會平等核心小組發布了一份名為《迷戀:眾議院共和黨人在2023年對LGBTQI+群體的無情攻擊》的報告,追蹤了我們去年看到的所有反平等攻擊。身為國會平等核心小組的創始成員和副主席,我完全致力於保護LGBTQI+群體並推動支持平等的議程。2023年教會了我們,2024年及以後我們還有很多工作要做。

儘管面對這些攻擊,但請知道,當共和黨人瞄準LGBTQI+群體時,我們中的許多人不會袖手旁觀。我很自豪能夠與美國國會最大的核心小組合作,爭取平等,因為我知道,為了讓美國不斷前進,我們必須包容LGBTQI+群體。

國會議員詹姆斯“吉姆”麥戈文
代表麻薩諸塞州第二國會選區,是國會平等核心小組的創始成員和副主席。

*本文中表達的觀點僅代表作者的觀點,不一定代表The Advocate或我們的母公司equalpride的觀點。

維吉尼亞州一名教授在私人同性戀桑拿中被發現身亡

弗吉尼亞州教授在佛州會議失踪後被發現死於男士桑拿浴室

在佛羅裡達州一次會議期間失踪的弗吉尼亞州教授,在一家男士桑拿浴室內被發現身亡

奧蘭多,佛羅裡達州 — 一名來自弗吉尼亞州的大學教授,在參加佛羅裡達州一次學術會議後失踪,最終在一家受歡迎的男士桑拿浴室內被發現死亡。

大衛·漢伯里(David Hanbury),37歲,是弗吉尼亞州丹維爾艾弗里特大學(Averett University)的一名心理學教授。他在參加東南心理學協會(Southeastern Psychological Association)的會議時失蹤。週六,他的遺體在奧蘭多的一家知名男士桑拿浴室內被發現,但執法部門尚未透露具體地點。目前,漢伯里的死因還未得到證實,但奧蘭多警方向《今日美國》表示,情況「看起來並不可疑」。

艾弗里特大學在其官方臉書頁面上發布了關於漢伯里去世的消息,稱讚他是一位“受人愛戴的教員”,並對周圍人產生了“持久的影響”。艾弗里特大學總裁蒂芙尼·弗蘭克斯(Tiffany Franks)表示:“我們懷著沉重的心情分享大衛·漢伯里博士去世的令人心碎的消息。我們代表整個艾弗里特社區,向漢伯里博士的家人、朋友和所有其他受到他影響的人表示哀悼和祈禱支持。”

漢伯里的兄弟JJ在Facebook上發布的另一篇帖子中提到,他的兄弟“不是那種會去參加聚會的人”,且在失踪期間沒有回電話,也沒有與他們的母親聯繫,這讓家人開始感到擔憂。JJ表示,漢伯里通常會與母親保持頻繁的通話。“我們都在掙扎,這太難了。我從來沒有經歷過這樣的事情,”他寫道。“我不知道如果沒有我最小的弟弟我該怎麼辦,他一直讓我發瘋,但如果沒有他,我的世界將永遠不一樣。他只有37歲,應該和我一起度過一生。”

週一,艾弗里特學生中心的草坪上為漢伯里舉行了守夜活動。弗蘭克斯寫道:“當我們作為一個家庭悲傷時,我們邀請校園和周邊地區一起祈禱和支持。”

漢伯里的突然離世,不僅給他的家人、朋友以及艾弗里特大學社區帶來了深刻的悲痛,也在學術界引起了廣泛的關注和哀悼。

Hunter Schafer 身著手繪 Marni 連衣裙亮相 GQ 紅毯

Hunter Schafer 穿著手繪 Marni 連身裙亮相 GQ 全球創意獎,展現獨特藝術風格

在當今這個快速變化的時尚界,名人們總是以各種令人驚艷的造型出現在紅毯上,而 Hunter Schafer 最近的一次亮相無疑又將這種驚艷提升到了新的高度。在紐約舉行的 GQ 全球創意獎上,Hunter Schafer 穿著一件手繪的 Marni 連身裙,這件裙子不僅是一件時尚單品,更像是一件藝術品,讓人不禁驚嘆於其獨特之處。

Hunter Schafer 一直以來都是時尚界的寵兒,她的每一次出現都能引起媒體和粉絲的廣泛關注。從金球獎上那件粉紅色半透明的普拉達禮服,到《名利場》奧斯卡頒獎典禮上那套白色的 Ann Demeulemeester 套裝,Hunter 總能以她的獨特時尚感引領潮流。

這次,Hunter 的選擇是 Marni 的一件手繪連身裙。這件裙子的設計靈感來自於文森特·梵谷的名作《星夜》,裙子上的每一筆都是獨一無二的,展現了 Marni 對於細節的極致追求。在一系列 Instagram 故事中,Marni 展示了這件裙子從無到有的創作過程,從淺藍色的茶長裙到最終添加上的壓克力顏料,每一步都充滿了藝術家的細膩和創意。

Hunter 在紅地毯上接受《Vogue》採訪時表示,她穿的這件裙子實際上是用丙烯酸塗料繪製的,這樣的手法讓這件裙子更加獨特和個性化。而這並不是 Hunter 第一次穿著手繪連身裙走上紅毯,她之前就曾穿著過類似的設計,每一次都能引起廣泛的關注和討論。

值得一提的是,Hunter 並不是當晚唯一一位穿著手繪造型的名人。Erykah Badu 也穿了一件帶有黑色格子圖案的 Marni 夾克,這些手繪造型非常適合當晚的氛圍,而 Marni 的設計師 Francesco Risso 也是活動的獲獎者之一。

Hunter Schafer 和 Erykah Badu 的這些造型再次證明了時尚和藝術之間的無縫連接,也展示了 Marni 作為一個品牌對於創新和藝術的不懈追求。這些手繪的紅毯造型不僅是對傳統時尚的一種挑戰,也是對個性和創意的一種展現。希望未來能看到更多這樣獨特而有創意的紅毯造型,讓世界見證時尚與藝術的完美融合。

雙性戀群體同樣屬於酷兒社群 — Massachusetts Daily Collegian

探索雙性戀:身份認同、經驗分享與常見誤解解析

雙性戀的認同:一段自我探索的旅程

在當今社會,雙性戀已成為許多年輕人,包括我自己,認同的標籤。根據2021年的蓋洛普民意調查,7.1%的受訪美國成年人認為自己是LGBTQ+。在那些認為自己不是異性戀的人中,有56.8%的人認為自己是雙性戀。這個群體中不乏著名的雙性戀名人和歷史人物,如沃爾特·惠特曼、奧斯卡·王爾德、馬爾科姆·X、弗雷迪·摩克瑞、比利·喬·阿姆斯特朗、Lady Gaga 和謝琳·伍德利等。

我的雙性戀經驗始於成年後的生活,即高中畢業並進入大學後。在那裡,我遇到了許多有魅力的新朋友,包括許多女性。作為一個青少年,我曾傾向於壓抑自己對女性的浪漫感情,常常將對女性的吸引力與單純地認為她們漂亮混為一談。然而,當我夢見班上的一位女孩並意識到我對她的吸引時,我開始無法忽視這種感覺,並開始探索「雙性戀」這個標籤。

隨著時間的推移,我開始接受自己對同性的吸引,並開始稱自己為雙性戀。這一過程讓我感到解脫,因為我終於不再壓抑自己多年來的感情。我首先向我的父母出櫃,他們以開放和愛的態度接受了我,這是我非常感激的。

三年過去了,我仍然自豪地稱自己為雙性戀。自從轉學到麻州大學以來,我遇到了許多同樣是酷兒的有魅力的年輕女性,並擁有了許多LGBTQ+朋友。他們是我見過的最友善、最快樂和最有趣的人。

自從出櫃後,我也曾陷入異性戀關係。我和我交往了六個月的男朋友處於一種排他的、一夫一妻制的關係中,但他仍然認可並支持我的雙性戀身份。然而,由於我的關係,我有時會感到自己與LGBTQ+群體之間存在脫節,並經常質疑自己是否“不夠酷”。

雙性戀恐懼症是非常真實的,就像雙性戀者一樣真實和有效。雙性戀恐懼症是指對雙性戀者的厭惡,這種情況比許多人想像的要常見。我們必須揭穿關於雙性戀的一些常見神話和誤解,如雙性戀者是跨性別恐懼症、雙性戀與泛性戀和多元戀是同一回事、雙性戀者很貪婪等等。

最重要的是,我們需要認識到雙性戀是一個真實且有效的身份,不是一個階段,也不是不存在的。雙性戀者,無論是男性還是女性,都是LGBTQ+群體的一部分,值得被看見和聽見。我們需要在異性戀主導的社會中放大雙性戀和其他酷兒的聲音,以揭穿任何帶有雙性戀標籤的神話或誤解。

在這個旅程中,我學到的最重要的一課是接受自己,並且不斷地尋找和擁抱自己的真實身份。雙性戀不僅是我的性取向的一部分,也是我身份的一部分,我為此感到自豪。

科爾頓·安德伍德探討《單身漢》可能推出的酷兒季節议题

科爾頓安德伍德談論《單身漢》潛在的酷兒季

真人實境電視的新篇章?科爾頓安德伍德談論《單身漢》潛在的酷兒季

在當今多元化和包容性日益成為社會焦點的時代,娛樂產業也在不斷進行調整以反映這一變化。最近,《光棍》第23季的明星科爾頓安德伍德在接受《娛樂周刊》採訪時,談到了這個標誌性約會節目可能推出以LGBTQIA+為主題的一季的可能性。這一消息無疑為真人實境電視節目的未來開啟了新的篇章。

《光棍》及其衍生節目如《單身女郎》和《天堂學士》已經成為真人秀節目的主要內容,吸引了來自不同背景的觀眾。然而,隨著時間的推移,觀眾和製作人都在尋求更多的多元化和包容性。

科爾頓安德伍德透露,他已經與一些製片人進行了交談,這表明該系列正在傾聽觀眾對更具包容性的呼聲。他指出,調整該劇的傳統格式以適應同性戀主角的複雜性是一個挑戰,但也是一個機會。

安德伍德認為,雖然《光棍》的既定格式可能會帶來挑戰,但其他約會節目如《愛是盲目的》和《最後通牒》以酷兒季節為特色的可以作為模型。他強調,我們的社區是多元化的,我們遵循不同的規則,因此對酷兒約會節目採取專門的方法是必要的。

圍繞LGBTQIA+的《學士》季節的討論一直在增長,特別是在執行製片人傑森·埃利希和貝內特·格雷布納的暗示之後。艾利希希望展示更廣泛的愛情故事,而格雷布納則指出正在進行的關於引入同性戀主角的討論。

近年來,該系列在包容性方面取得了長足進步。2019年,黛米伯內特向克里斯蒂安哈格蒂求婚,成為《天堂學士》第一次同性訂婚。此外,布魯克布魯頓是澳洲第一位公開雙性戀的主角,這是該系列的里程碑。

在介紹同性戀的《學士》可能即將到來之際,很明顯,對話和對受人喜愛的格式的潛在調整是朝著在主流媒體中更全面地表達愛情和關係邁出的一步。隨著社會不斷進步,我們期待看到更多的多元化和包容性故事在我們最喜愛的節目中得到呈現。

Josh Seiter 前《單身女郎》選手談論自己的雙性戀身份與心理健康問題 – 5330 – LGBT新聞

2023年:ジョシュ・シーターの転機、クローゼットからのカミングアウトから死の噂の克服まで

2023年は間違いなく、ジョシュ・セイターにとって紆余曲折に満ちた年になるだろう。元バチェロレッテ・コンテスタントで、シカゴ在住、ケント・カレッジ・オブ・ロー卒業、メンタルヘルス擁護者、そしてOnlyFansのコンテンツ・クリエイターである彼は、この夏、勇敢にもバイセクシャルであることをカミングアウトした。自己のアイデンティティを肯定するだけでなく、社会への挑戦でもあるサイターの勇気と正直さは、悩める多くの人々に強さと希望を与えている。

しかし、公にカミングアウトしたことで、サイターは次々と困難にも見舞われた。彼は男性ダンサーと交際したが、関係は終わった。さらに追い打ちをかけるように、彼のソーシャルメディアのアカウントがハッキングされ、死亡説が流れた。この一連の出来事は、サイターに大きなストレスと苦痛を与え、彼はソーシャルメディアから手を引き、保健施設で過ごさざるを得なくなった。

ウィンディ・シティ・タイムズ』紙との対談で、サイターは自身の歩みの一部を語った。ここ数ヶ月は自分にとって非常に困難な時期であったことを認めつつも、前向きに、そこから学び成長しようとしている。彼は、21歳のときに電気ショック療法を受けた経験や、治療の半年後にロースクールに入学したことを回想し、人生はスプリントではなくマラソンであることを悟らせた。死ぬ死ぬ詐欺は彼の回復力を再び試したが、同時に乗り越えられないものはないと信じる決意を固めた。

サイターはまた、ホームスクールでの経験や、ホームスクールであるがゆえに社会的な問題に直面したことについても語っている。彼の話は、育った環境は人それぞれであり、その違いを理解し受け入れることが、より包括的な社会を築く鍵であることを思い出させてくれる。

全米カミングアウト月間中、サイターの話は特に感動的だ。彼が公にカミングアウトしたことは、自己同一性の肯定であると同時に、より多くの人々が勇気を持って自分らしく生きることを奨励する社会への挑戦でもある。彼の経験と洞察は、メンタルヘルスの問題に悩む人々に貴重なサポートとアドバイスを提供する。

サイターの物語は、私たちが直面する困難や挑戦がいかに大きなものであっても、勇気と忍耐、そして前向きな姿勢によって、それを乗り越える力を見出すことができることを示している。彼の経験と洞察は、すべての人を勇気づけ、鼓舞し、逆境に直面しても成長する機会を探し、勇気を持って自分らしく生きることを思い出させてくれる。

解釋男同性戀者經常擁有哥哥的現象:兄弟出生順序效應的探討

セックスと人間関係:なぜゲイには兄が多いのか?出生順効果の説明

現代社会では、性的指向や性自認がますますオープンに議論されるようになり、科学者たちはこれらの話題の背後にある生物学的・心理学的メカニズムを常に探求している。最近注目された研究は、ある興味深い現象に再びスポットライトを当てた。兄が1人以上いると、男性が同性愛者になる可能性が高まるかもしれないというのだ。

ステットソン大学のスコット・セメニナ教授(心理学)によれば、「兄弟姉妹の出生順位効果」として知られるこの現象は、カナダやアメリカだけでなく、サモア、メキシコ南部、トルコ、ブラジルなど、世界的に観察されているという。この発見は、性的指向の形成に関する従来の理解を覆すものであり、その根底にある生物学的メカニズムのさらなる探求の引き金となるものである。

セメニナ教授は、この現象は1990年代から研究者によって指摘されてきたと指摘した。理論的には、男性が男性に惹かれる可能性は、兄弟が1人増えるごとに約33%増加する。つまり、兄弟がいない男性に比べて、兄弟が1人の男性が同性愛者になる可能性は約2.6%、兄弟が2人の場合は3.5%、兄弟が5人の場合は約8%である。

この効果の背後にあるメカニズムは完全には解明されていないが、研究者たちは親の染色体や考えられる生物学的要因との関連の可能性を探っている2022。『Journal of Sex Research』に掲載された研究では、1940年から1990年の間にオランダで生まれた900万人以上のデータを調べることで、さらに強い相関関係があることがわかった2023。メルボルン大学の研究者たちは、3人の兄を持つ男性は、3人の姉を持つ男性と比較すると同性関係に入る可能性が41%高く、3人の弟を持つ場合と比較すると同性関係に入る可能性が80%高いことを発見した。

注目すべきことに、このパターンは比較的弱い影響ではあるが、女性でも観察された。この所見は、少なくとも部分的には生物学的メカニズムによる何らかの関連がある可能性を示唆している。

しかし専門家は、そのようなパターンが存在するとしても、一般人口のごく一部にしか影響しないと強調する。複数の兄弟を持つ人々の大多数は、依然として異性に惹かれている。この研究は、性的指向の形成は複雑なプロセスであり、遺伝、生物学、環境、個人的経験など、さまざまな要因に影響されるが、それに限定されるものではないことを再認識させてくれる。

科学的研究が進むにつれ、性的指向の形成に関する理解はより包括的なものになるだろう。これは、性の多様性をよりよく理解するのに役立つだけでなく、社会における包摂と受容を促進するための科学的根拠となるだろう。

展現跨性別愛情故事的重要性

エマーデイルのスター、アッシュ・パルミシアーノがトランスジェンダー役の重要性と影響を語る

アッシュ・パルミジャーノ:『エマーデイル』でトランスジェンダーを演じることの重要性

2018年にアッシュ・パルミジャーノが『エマーデイル』に初登場したとき、このアウト・オブ・クローゼットのトランスジェンダー俳優は、この役が重要なものになることを知っていた。しかし、彼でさえ、マーティ・バートン役を演じることの本当の意味に気づいたのは、数年後のことだった。

イギリスのソープオペラ『エマーデイル』は、1972年の初放送以来、視聴者に愛されてきた。パルミジャーノの出演は、新旧のファンにトランスを主体としたストーリーを紹介するだけでなく、マーティが反トランスの偏見に立ち向かったり、大都会の外でトランスであることがどのようなものかを率直に語ったり、エイミー・ワイアット(ナタリー・アン・ジェイミソン)との関係に対処したりするエピソードも含まれている。

パルミジャニーノはピンクニュースに、『エマーデイル』で初のトランスジェンダーの役を演じられることは、彼にとって大きな意味があると語った。私はテレビ・ソープ・オペラの中で育ったので、イギリスの大きな番組に初のトランスジェンダーのキャラクターとして参加することは、私がやりたかったことなので、非現実的です。ずっとやりたかったことなんだ」。

マーティが存在し続けることで、登場人物が最高級の手術を受けた経験や、「家族にカミングアウトすることの難しさ」、さらには「トランスジェンダーであることの基本的な意味」など、「魅力的なトランスジェンダーの物語」を取り上げることができた。トランスジェンダーの物語」。パルミシアーノは、このようなストーリーは当時のテレビでは珍しく、エマーデールは「本当にゼロからのスタートだった」と認めている。

トランスジェンダーのストーリーを共有することは、パルミジャーノにとって「とても重要」なことであり、そのようなストーリーは時に傍流に押しやられてしまうこともあるため、「ストーリー全体を紹介できる」ことに感謝している。というのも、人々はトランスジェンダーの傘の下にあるものをまだよく理解していないからだ。

パルミジャーノは、トランスジェンダーの役で大きな喜びを経験し、支持を得た一方で、エマーデールの役では強い反対に直面した。パルミジャーノは、この仕事を引き受けたとき、心の準備ができていなかったか、「トランスフォビアの程度に気づいていなかった」ことを認めている。

私が経験したことを経験したからこそ、トランスジェンダーの権利についてさらに熱くなれるのです」とパルミジャーノは言う。私は活動家ではありません。でも、自分が経験したことのために、何かをしなければならないと感じています。何かを変えなければならない。人々を教育する手助けをしなければならない」。

アッシュ・パルミシアーノは、『エマーデイル』での活躍を通して、トランスジェンダーのコミュニティに力強い声を提供しただけでなく、世界中の視聴者を教育し、刺激を与え、社会におけるトランスジェンダーの正常化と受容を実証した。

研究顯示,帶有「雙性戀基因」的異性戀男性生育子女數量較多

科学者たちは初めて、人間の両性愛行動に関連する遺伝子変異を発見した。

この発見は、性的指向の多様性についての洞察を与えるだけでなく、これらの遺伝子マーカーと、異性愛者の男性がリスクを冒す行動をとり、より多くの子孫を残す能力との関連性を明らかにするものでもある。ミシガン大学のJianzhi Zhang教授が率いるこの研究は、水曜日にScience Advances誌に発表された。

この研究は、英国バイオバンクに登録されたヨーロッパ系の45万人以上のデータに基づいており、健康研究に大きな利益をもたらす長期ゲノムプロジェクトである。この研究は、2019年にScience誌に発表された画期的な論文に基づくもので、環境要因の方がより大きな影響を与えるものの、遺伝的変異が同性間行動をとるかどうかにある程度影響することを明らかにした。

チャン教授は、過去の研究では同性愛行動をひとつのカテゴリーに分類する傾向があったが、実際には様々であったと説明した。参加者の完全なDNAまたはゲノムを調べ、この情報を調査結果と組み合わせることによって、チャンと共著者のシリャン・ソンは、同性愛と両性愛の行動に関連する特徴が実際には異なることを確認することができた。

この研究により、両性愛行動(BSB)関連対立遺伝子と呼ばれるこれらのマーカーを持つ男性異性愛者は、平均より多くの子供を持つことでこれらの遺伝子を受け継ぐことが明らかになった。さらに、自分を冒険好きと表現する男性は、より多くの子供を持つ傾向があり、BSB関連対立遺伝子を持つ可能性が高い。このことは、男性のBSB関連対立遺伝子が生殖に有利である可能性を示唆しており、このことが過去の持続性を説明し、将来の維持も予測できる。

しかし、排他的同性行動(eSSB)に関連する対立遺伝子は、異性愛者の男性から生まれる子供の減少に関連しており、これらの形質が時間の経過とともに消失することを示唆している。UKバイオバンクのデータによると、バイセクシュアルやホモセクシュアルの行動を報告する人の割合が数十年前から増加している。

この研究では、人の行動がバイセクシュアルであるかどうかは、遺伝に40%影響され、環境に60%影響されると推定された。研究者らは、この研究結果は主に人間のセクシュアリティの多様性、豊かさ、より良い理解に寄与するものであり、セクシュアリティによる差別を示唆したり、推奨したりするものではないと強調した。

本研究は、性的指向の遺伝的基盤に関する新たな知見を提供するだけでなく、単一の遺伝子が複数の形質に影響を及ぼすという複雑性と多面性という自然現象を浮き彫りにするものである。本研究で得られた知見は、ヒトのセクシュアリティの進化的背景を理解する上で重要な視点を提供し、今後の研究に新たな道を開くものである。

ja日本語