テレビが描くバイセクシュアリティは、いまだにバイセクシュアリティを「逸脱」と結びつける映画を超越している。

電影和電視中的雙性戀角色:進步與挑戰

今日のメディアシーンにおけるクールなキャラクターの表現は、特にテレビ番組において大きな進歩を遂げている。ブルックリン・ナイン・ナイン』のロサ・ディアスから『ハートストッパー』のニックまで、これらのキャラクターはストーリーを豊かにしただけでなく、LGBTQ+コミュニティの表現もより充実させてきた。しかし、こうした進歩を掘り下げていくと、映画におけるバイセクシュアル(B)キャラクターの表現にはまだ課題があることがわかる。

電影製作人似乎認為,觀眾需要通過角色之間的浪漫和性關係來識別和分類他們的性取向。這種做法對於雙性戀角色來說尤其具有挑戰性,因為他們的性取向往往是通過與不同性別的伴侶約會來暗示的。例如,《天鵝絨金礦》和《不服從》中的角色就遵循了這種模式。這種表達方式不僅限制了雙性戀角色的多樣性,也強化了一種觀念,即雙性戀需要通過與兩性約會來「證明」自己的性取向。

這種對雙性戀的描繪方式反映了社會對雙性戀的誤解和偏見。雙性戀常被視為一種過渡期或者僅僅是一個階段,而不是一種合法的性取向。這種觀念不僅在電影中得到了強化,也在現實生活中造成了影響。2021年的益普索全球調查顯示,性取向的定義是多麼複雜,「大部分」和「同樣」被吸引於不同性別的人都可以被歸類為雙性戀,這表明我們需要更加細緻和包容的方式來理解和表達性取向。

しかし、映画におけるバイセクシュアルの登場人物は、誤った解釈に直面するだけでなく、時には否定的な特徴と結び付けられることもある。ベーシック・インスティンクト』のキャサリン・トラメルや『ソルトバーン』のオリバーは、バイセクシュアルであることが犯罪行為や精神疾患と結びついて描かれており、バイセクシュアルに対する否定的なステレオタイプをさらに強めている。

対照的に、テレビ番組ではバイセクシュアルのキャラクターを描くのが上手なようだ。カーディアック・アレスター』のニック、『グレイズ・アナトミー』のカーリー・トーレス、『セックス・エデュケーション』のアダム・グローブなどは、バイセクシュアルであることを語っているだけでなく、犯罪者であるとか過剰であるとか定義されていないキャラクターである。このことは、テレビ番組が、バイセクシュアルの登場人物の多様性を探求し、表現するための、よりニュアンスのある本物のプラットフォームを提供していることを示唆している。

映画界におけるこのギャップを埋めるために、映画製作者たちは、筋書きの脇役であったり、ある主張を "証明 "するために使われたりするだけでなく、自分たちのアイデンティティについて語ることのできる、より本格的で多面的なバイセクシュアルの登場人物を作る必要がある。そうすることで、より本格的で多様な物語を提供できるだけでなく、バイセクシュアルとLGBTQ+コミュニティ全体に対する理解をより深く、包括的に促進することができる。

流行

最新記事

ja日本語