パレードについて、言いたいこと...】 翡翠:申し訳ないけど、やっぱりゲイのパレードに出ようかな。

著者:林寒玉(女同志集合出版社負責人) 2012/09/20 出版社

私は子どもの頃から習い事には一度も参加したことがなかったが、ゲイ・プライド・パレードには10年連続で一度も欠かさず参加している。神様がわざとそうさせたのだと思います。 レズビアンの出版社を立ち上げさせてくださっただけでなく、2003年の第1回ゲイ・プライド・パレードの司会もさせてくださり、以来、愛着が湧いて手放せなくなり、毎年パレードに参加しています。

台湾史上初のゲイ・プライド・パレードのステージで、行進仲間とともに空に虹がかかったときの感動は忘れられない!

ほら、天でさえ私たちを応援するために虹を送ってくれたのに、なぜ世界はまだ同性愛を罪だと言わなければならないのか?

そして忘れてはならないのが、クソホストコンプレックスだ。

メインステージか6色のフロートに乗っているからだ。職業病のせいで、私は毎年、ステージにいる最速の男性ゲイ司会者や、中国語、香港語、日本語、英語、台湾語を話すレズビアン司会者を追い出して、自分がステージにいるとき、そしてステージを見下ろすときに、毎年レインボーフラッグの光景を楽しめるようにしなければならないといつも妄想している!

しかし、内なる悪魔は現実の天使にはかなわない。司会ができるLGBTQの仲間が多すぎるのだ。 2003年から2011年まで、官能的好奇心、バラエティ的好奇心、ホモエロ的好奇心など、さまざまなタイプのゲイ&レズビアンの司会者がステージエリアに次々と出現した。 レインボー大使がどんなに大所帯になろうとも、ステージ上のホモエロ組織がどんなに多様化しようとも、毎年司会ステージに立つタフな彼らは、ステージ上もステージの外も、すべての人々をひとつにするチャンスを決して忘れず、レインボーはどこまでも広がり、チャーミングな声で、あるいは大きな声で、毎年のマーチのテーマを叫びながら、みんなをリードし、伴走する。その繊細な、あるいは高揚した声で、皆をリードし、伴走し、毎年の行進のテーマを叫び、そのマイクが、アファーマティブ・アクションへの無差別的な願望を抱いて、偶然通りかかったその場にいる全員の心に突き刺さることを願う!

賢い者は、メディアの注目を集める努力を忘れない。どのように犠牲を払っても構わない。舞台とのやりとりが十分にうまくいけば、メディアはもっと撮影してもいいと思うし、テレビ、新聞、インターネットがそれを放送してくれるのであれば、それは同志の将来にとって最も価値のある宣伝になる。

なんて素晴らしいホストたちなんだ!

ゲストのリスト、行進のスローガン、インタラクティブなルーティン、イベントを開催するために暗記した衣装、残念なことに、黒い目や治療費にいくら費やしても、行進を成功させる価値はあった!

私の記事のタイトルはどうですか?

ただ一度だけ、私が経営する小規模で質素なラズボーイ出版社から、長年の書籍バイヤーがメールで尋ねてきたことがある:

ジェイド、パレードをする必要があるの?以前は会社の同僚たちともうまくやっていたんだけど、この2年間、行進がテレビのニュースや新聞で取り上げられたせいで、同僚の何人かは私がゲイなんじゃないかと疑い始めていて、意図的に、あるいは無意識に私に近づこうとしていて、本当に迷惑している!パレードをやめさせることはできないのか?

ああ、両親よ、読者よ、私はどう答えればいいのだろう?

その後、魚とガチョウは何度か行き来し、内容はこんな感じだった:

ジェイド : 親愛なるOOさん、うちの出版社の著者の本はお好きですか?

読者:気に入りました。

ジェイド:実話をお話ししましょう。 私が出版社を始めたばかりの頃、ある人から電話で「地獄に落ちろ」と言われました。その人は、私が出版した本は人々を同性愛者にして殺してしまうから、地獄に落ちろと言ったんです。彼女は、私が人を傷つけるような本を出版しないことを望んでいたんですが、そう思いませんか?

読者 : とんでもない、著者の書いた本はどれも素晴らしいものばかりだ。

ジェイド : そうだね。だからこれからも続けていくつもりだよ。ラコの出版を応援してくれる人たちと知り合いになれるからね!ゲイ・プライド・マーチも同じで、社会が本当に変わるまでやり続けなければならないことだと思う!

ゲイ・プライド・パレードが10年目を迎えようとしている今、この読者はどうしているのだろうか?オフィスの同僚の迷惑ではなく、クローゼットの外に出てくるためのフレンドリーな空間を感じているのだろうか?

パレードに参加する人々は行き交い、私は毎年、旧友は別として、どんな新しい友人と大きなパレードに登場するのだろうかと考える。

でも、もっと新しい友達が欲しい、もう一人、もう一人、と思う気持ちはわかる。

もし私たちの行進が、あなたの人生において、クローゼットからのカミングアウトという暗雲に悩まされる原因となったのであれば、私個人としては申し訳ないと申し上げたい(これは人を差別する社会が引き起こしたことではあるが、結局のところ、あなたにご迷惑をおかけし、私も非常に申し訳なく思っているので、ささやかな個人的謝罪を受け入れていただきたい)。

しかし、どんなに大きな声で心から反省しても、私は第10回ゲイ・プライド・パレードに出かけなければならない!

今年は、新人の皆さんと一緒に、同志の強いコメント力を存分に発揮し、第10回大会の司会陣を「もうちょっと露骨にやれよ!(いいネタはどこから出てきたんだ? 行け!)」と批判しながら、舞台袖で首を振るふりができることを切に願っている。

このように、10年老いてから虹の旗を振っても意味がない。 行け!行け行け

最新記事

ja日本語