ディズニースターのカラン・ブラー、感動的な記事でバイセクシャルであることを公表

元ディズニースターのカラン・ブラー、バイセクシュアルであることを明かし、メンタルヘルスについて語る

元ディズニー・スターのカラン・ブラーが、自身のバイセクシュアルであることを明かし、メンタルヘルスと助けを得ることの重要性を掘り下げた刺激的なエッセイを発表した。この若い俳優の勇気と正直さは、彼自身の人生に変化をもたらしただけでなく、同じような困難に直面している多くの人々にインスピレーションとサポートを与えている。

ブラールのキャリアは、『Diary of a Wimpy Kid』シリーズのインド人高校生チラグ・グプタ役で主演デビューした10代から始まった。それ以来、彼のキャリアは上昇の一途をたどり、2011年にはディズニー・チャンネルの「Jessie」のキャストとして参加、同番組のスピンオフ「Twin Beds」ではラヴィ・ロスを演じた。ブラールのキャリアは俳優業にとどまらず、声優業にも進出し、ディズニーやDCエルズワールドのアニメ映画に声を提供している。

しかし、ブレアの人生は華やかなものばかりではない。エッセイの中で彼は、実家を出たこと、自分のアイデンティティに悩んだこと、そしてついに友人たちにカミングアウトしたことを率直に語っている。特にインド系アメリカ人である彼にとって、その旅は困難なものであり、文化的背景がその過程をより複雑なものにしていた。

ブラールの勇気は、自分がバイセクシュアルであることをオープンにしていることだけでなく、精神的な問題についてオープンに話している点にも表れている。彼は、友人の死やその他の人生におけるストレスが原因で自殺願望を抱くようになったこと、そしてどのようにして助けを求め、入院治療センターに入ることに成功したかを語っている。治療後、ブレアは心的外傷後ストレス症候群(PTSD)と重度のうつ病と診断されたが、徐々に回復し、再び人生に希望を見出したことも語っている。

ブラールの物語は、勇気と回復、そして自己受容の物語である。彼の体験は、どんなに困難であっても、助けを求めることには常に価値があることを思い出させてくれる。彼の書く文章は、彼自身の解放であると同時に、同じような困難を経験するかもしれない人々への励ましでもある。

精神的な問題を経験したり、自殺を考えたりしている人は、一人ではないことを忘れないでください。National Suicide Prevention Lifeline(988)、Transgender Lifeline(877-565-8860)、Trevor Project(テキストでSTARTを678678に送るか、866-488-7386に電話する)など、利用できるリソースやサポートはたくさんある。勇気を出して助けを求めることは、カランブレールが模範とするように、強さを示す方法なのだ。

流行

最新記事

ja日本語