ツインシティ同志パレード

沿革

[foogallery id=”1908″]

ミネアポリスとセントポールというミネソタ州の2つの都市は、毎年6月にLGBTパレードを祝うために一堂に会し、1週間にわたる一連のイベント期間中に40万人以上の観光客が訪れる。

1972年、ミネアポリスのダウンタウンにあるニコレット・モールで、50人規模のゲイ・マーチが初めて開催された。ストーンウォール暴動から3周年にあたる6月25日に開催され、地元のいくつかのLGBT団体のメンバーによって組織された。この小さなグループは2時間にわたって行進し、スピーチを行った。その後、ピクニック、バーベキュー、ダンス、教育フォーラム、市民集会など、さまざまな催しが行われた。参加者は着実に増え、1995年には初めて10万人に達した。

1996年、ツインシティーズ・プライドは、既存のマーケット屋台や非営利団体のブースに加え、さらに楽しい音楽ステージを追加し、さらに拡大した。この拡大は1990年代後半から2000年代にかけても続き、毎年ブースが増え、スーパーマーケットのターゲットやベストバイ社などの企業スポンサーによるフロートも加わった。ツインシティLGBTパレードは、生涯を通じてミネソタ州でトランスジェンダーLGBTの権利活動家として活躍した元パレード主催者の故アシュリー・ルークスに敬意を表し、アシュリー・ルークス・パレードとも呼ばれている。参加者数は着実に増加しており、セントポール観光局(2020年)の推計によると、現在年間約40万人が訪れている。

都市概要

ミネアポリスのダウンタウン、ヘネピン・アベニューには多くのゲイ・バーがある。

行列

パレード中の最大のパーティーのひとつが、サルーン・バーで開催されるブロック・パーティーで、サルーン・バーがある通りの輪郭をパーティー・アリーナで囲むもので、地元のゲイたちが毎年楽しみにしているイベントだ。

ja日本語