バイセクシュアルの遺伝的ルーツが新たな研究で明らかに

ヒトの両性愛行動に関連する遺伝的変異を特定する新たな研究

LA Blades Mappingとミシガン大学の新研究:バイセクシュアル行動の遺伝的背景を探る

最近の研究で、ミシガン大学の研究者たちは、ヒトのバイセクシュアル行動に関連する遺伝的変異を明らかにした。この研究は、性的行動の多様性に関する洞察を与えるだけでなく、性的指向に関する長年の偏見や誤解を覆すものでもある。

ミシガン大学のJianzhi Zhang教授とSiliang Song大学院生が率いるこの研究は、1月3日にScience Advances誌に発表された。英国バイオバンクのデータベースに登録された参加者たちは、"あなたは自分をリスクテイカーと表現しますか?"などの質問に答えた。彼らは、"あなたは自分を冒険家だと思いますか?"を含む質問に答えた。

この研究結果は、両性愛行動に関連する遺伝子変異体(すなわちBSB関連対立遺伝子)を持つ男性異性愛者は、子供の数が平均より多いことを示している。この発見は、進化生物学における長年の疑問、すなわち、同性間の行動に関連する遺伝子がヒトにおいてどのように存続しているのかという疑問に、少なくとも部分的には答えてくれるかもしれない。

さらに、研究者らは、自分を冒険好きだと言う男性は、子供を多く持つ傾向があり、BSB関連対立遺伝子を持つ可能性が高いことを発見した。この結果は、両性愛に関連する遺伝形質が、男性のリスクテイク行動にも関連していることを示唆している。

注目すべきは、研究者たちが、遺伝的要因と環境的要因の両方から影響を受ける行動そのものではなく、同性間の性行動の遺伝的基盤に焦点を当てた研究であることを強調していることである。研究者らは、人の両性愛行動の約40%が遺伝的要因の影響を受け、約60%が環境的要因の影響を受けると推定している。

この研究結果は、人間のセクシュアリティの多様性と豊かさについての理解を深めることに貢献するだけでなく、性的マイノリティに対する差別をなくすために科学的研究が果たしうる役割を浮き彫りにするものである。研究者らは、セクシュアリティに基づく差別を示唆したり支持したりする意図は一切ないと述べている。

しかし、『サイエンス』誌の記事によれば、この研究に対する反応はさまざまで、一部の科学者や専門家は、英国バイオバンク調査のデータに依存していることに疑問を呈し、また、バイセクシュアルに関連した冒険がバイセクシュアルやゲイ男性に対する偏見を永続させる可能性があるという主張に懸念を表明している。

とはいえ、この研究がバイセクシュアリティと排他的同性行動の問題に貴重な洞察を提供し、性的指向の遺伝的・環境的要因の理解に新たな光を与えていることは間違いない。社会における同性行動の受容が進む中、このような研究は、性の多様性に対する理解と受容を促進する上で重要な役割を果たし続けるだろう。

全米LGBTメディア協会は、セクシュアル・マイノリティへの理解と尊重を促進することを目的とし、全米の主要市場にある13の伝統的な出版物を代表しています。詳しくはNationalLGBTMediaAssociation.comをご覧ください。

流行

最新記事

ja日本語