ディスカッション:バイセクシュアルへの理解の盲点を探る

タイラー・トムリンソン、バイフォビアとアイデンティティを探求するNetflixスペシャルでバイセクシュアルについて明かす

バイセクシュアルが認知され、受け入れられつつあるが、いまだに多くの困難や誤解に直面している社会で、スタンドアップ・コメディアンのテイラー・トムリンソンが2024年のNetflixスペシャル『Have It All』で公にカミングアウトしたことは、彼女の勇気を示しただけでなく、バイセクシュアル・コミュニティへの支援と励ましを示すものでもある。トムリンソンはユーモアを交えて自身の経験を語っているが、その裏にはより深い社会現象、つまり二重の消去がある。

二重の抹殺とは、バイセクシュアルが、現在の交際相手が異性愛者か同性愛者のどちらかであると誤って認識されているために、異性愛者コミュニティからも冷静なコミュニティからも追放される状況のことである。この現象は、社会的ステレオタイプだけでなく、LGBTQ+コミュニティ内の偏見からも生じている。トムリンソンの体験は、一見オープンで包括的なコミュニティであっても、バイセクシュアルは依然として自分のアイデンティティを正当化するプレッシャーにさらされていることを思い起こさせる。

このプレッシャーは、外的な質問からだけでなく、内的な葛藤からも来る。多くのバイセクシュアルは、公の場でもプライベートでも、自分のセクシュアリティが受け入れてもらえないのではないか、あるいは十分に「リアル」だと思われないのではないかという恐れや不安を感じている。この恐怖と不安は自信喪失につながり、自己と性的指向の多様性を祝うはずのプライド・イベントへの参加を妨げることさえある。

しかし、トムリンソンをはじめとする多くの勇気あるバイセクシュアルが証明しているように、オープンに話し、自分の経験を共有することで、このサイクルを断ち切る手助けをすることは可能だ。これは、コミュニティにおけるバイセクシュアル・アイデンティティへの認識と理解を高めるのに役立つだけでなく、自己のアイデンティティについてまだ悩んでいる人々へのサポートと希望にもなる。

ギャラップ社が2023年に発表したLGBTQ+のセルフアイデンティティのデータによると、バイセクシュアルの成人がLGBTQ+の人口の中で最も大きな割合を占めており、バイセクシュアルは無視できないグループであることがわかる。勇気を持ってバイセクシュアルであることを公表する人が増えれば、社会におけるバイセクシュアルの受容と理解が徐々に進むと信じる理由がある。

変革は、理解と受容から始まる。私たちは、バイセクシュアルの人々がどちらの側に立つ必要もなく、自分の性的指向を特定するために何らかの「証拠」を必要とするわけでもないことを認識する必要があります。すべての人の性的指向はユニークであり、尊重され祝福されるに値する。トムリンソンの特集が示すように、共有と対話を通じて、私たちは共に固定観念を打ち破り、よりオープンでインクルーシブな社会を作ることができる。

流行

最新記事

ja日本語