私はゲイの牧師です。フランシスコ法王の同性愛嫌悪発言に対する謝罪以上のものを期待しています。

ゲイの牧師、ローマ法王のLGBTQコミュニティに関する発言にショックを表明し、より深い対話を求める

現代社会ではLGBTQコミュニティの受容が進んでいるが、この進展が宗教領域における伝統的概念と出会うとき、一連の矛盾と課題が生じる。最近、あるオープンリー・ゲイの司祭が、イタリアの司教たちとのディスカッションでフランシスコ法王が使った攻撃的な言葉に衝撃と悲しみを表明した。この事件は広く注目を集めただけでなく、宗教とセクシュアル・マイノリティの関係についての議論を再燃させた。

ローマ法王フランシスコが、ある議論の中で「神学校にフロチャジーニが多すぎる」と発言したと報じられ、大きな物議を醸している。フロチャジーニ」という言葉は、イタリア語では明らかに侮蔑的な意味合いを持ち、もっぱらゲイやレズビアンを指して使われる。これに対してバチカンは、法王は報道を承知していると回答したが、法王は決してホモフォビックな言葉を使って表現するつもりはなかったと強調し、不快に感じた人々に謝罪した。

同司祭は、教皇の謝罪を歓迎する一方で、今回の事件は、LGBTQコミュニティのメンバーに対する教皇の前例のない開放性に深刻なダメージを与えたことは間違いないと述べた。彼は、法王が名誉を毀損したことの重大さを理解するためには、彼の言葉の意図と影響を区別することが重要であると強調した。この事件を不運な言葉の選択や不適切な言葉の使用として軽視しようとする者もいるが、このような言葉の使用が人間性を奪うものであり、性的マイノリティに深刻な人間性と危害を及ぼしていることは間違いない。

さらに同司祭は、ゲイであることを公表している男性を神学校に入学させるべきかどうかというバチカンの方針は、多くのゲイの司祭や司教が忠実かつ寛大に教会に奉仕しているという現実を無視していると指摘した。40年以上司祭職にあった彼自身の経験から、性的指向は聖職の有効性を決定する問題ではないし、神学校から男性を追放する唯一の理由であるべきでもない。

最後に牧師は、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスセクシュアル、クーリーは本当に教会の完全で平等なメンバーとみなされているのだろうか、という深い疑問を投げかける。フランシスコ法王の発言とその背後にある方針は、教会が性的少数者を受け入れることにまだ大きな制限と条件があることを示していると主張した。

この論争を前に、司祭は教皇に対し、開かれた心で同性愛司祭に直接耳を傾け、彼らを教会の一部として真に見るよう求めた。深い対話と傾聴によってのみ、教会は真にすべての人を歓迎する場となることができるのです」。

流行

最新記事

ja日本語