台湾LGBTラリー2017 テーマとスピリット

画像出典:2017年台湾LGBTパレード連合会サイト

渋い色気が開き、多様性への欲求が続く

解説しています。

2015年は、年齢や性別による自己表現を阻害する社会規範についてお話しました。1 2016年、ユビキタスなフェイクフレンドリーの環境について語る。2 そして、キャンパスでの果てしない差別事件や、変幻自在の同盟関係を目の当たりにした後に中傷に執拗に焦点を当てた後、今年は、年齢を理由に勉強を「制限」され、「フェイクフレンドリー」な雰囲気に抑圧されている人たちの話です。男女共同参画教育.

セクシュアリティ教育は、性/ジェンダー多様性教育であるべきだ

  "男女共同参画教育(GE)"とは、差別から生じる暴力やいじめをなくし、男女の地位の実質的な平等を図るために、生物学的性別、性的指向、性同一性、性気質、そして性の多様性を持つコミュニティであるLGBTIQAの文化の違いすべてを認識・尊重した教育のことです。教育分野では、当初「男女」平等教育を実施するために「男女平等教育法」(以下、「男女平等法」)が制定されたが、2000年にイップウインチ事件の影響により4次世代を守りたいという思いから、多様性の尊重が加えられたのは、男女共同参画教育の導入後です。しかし、男女共同参画教育にしても、政府の施策にしても、調査や補助金による研究にしても、実施から14年経った今でも、「異性愛」「両性愛」に焦点が当たることがほとんどです。

  性平等法、性暴力防止管理法の規定により、中等・初等学校では毎学期6時間以上のセクシュアリティ関連の授業や活動の実施が義務づけられ、セクシュアリティ教育が少しずつ学校に根付いてきています。しかし、劉江中学の楊さんの自殺や屏東のレズビアンの学生のような痛ましい事件が繰り返されるのは、性的多様性を持つコミュニティが成長する過程において、アイデンティティの面でのサポートや外部環境での友好的な受容がまだ不足していることを示している。

  また、生徒のセクハラ、性的暴行、性的いじめを防止するため、「疑いがある」=「報告する」と規定されているため、生徒が合意の上で性交渉を行い、それについて質問したい場合、教師は「報告する」ことを迫られ、生徒への性教育が空白になってしまう。5このような性教育は、性の多様なコミュニティを保護することができず、生徒の教育の範囲を制限し、その目的を破っています。誰一人取り残さないことを期待された保護機構が、今や息苦しくなっているのです。

  性/ジェンダー多様性教育が真に実施されれば、若い命は「人と違う」ことは悪いことではないことを知り、自分を好きになり、自信と力強い自己位置づけを身につける機会を得ることができる。あらゆるレベルの学校が、親密さの問題に直面したときの生徒のエロティックな欲求や戸惑いを無視し、「大人になればわかる」といって問題を回避し続け、生徒との同行や対話を拒むなら、それは生徒に自分で解決させる「放置」と同じことです。

休暇に優しい性教育の拒否  

  2011年以降、同盟は歪曲された事実を利用して性教育を妨害してきた。まず、「専門家・学者」というアイデンティティと権力の立場を利用して差別をパッケージ化し、次に「保護者を動員」して噂を流し、校務の代表者になるよう組織化し、人民代表大会と国会代表を通じて各地の教育局に圧力をかけて性教育を中傷することさえあった。6試みられている政治動員は、「地方包囲・中央浸透」の二本立てで、模範的家族観、反中絶、反同性愛などの問題を様々な保守勢力と組み合わせ、手段を選ばず恐怖と憎悪を煽り続けている。108年度からの12年間の新しい国民教育カリキュラムの開始が遅れる中、県や市の公聴会で「針飛び軍団」による侵略の悪夢が繰り返されることになりそうです。7 しかし、専門職の代表である文部科学省は、「男女平等を認めない」学者を「男女平等教育委員」に含めて「多様性」の意味を誤認し、「政教分離」という民主主義の価値を危険にさらし、悪意の暴走を許しています。

  今年、婚姻の平等に関する憲法改正案が成立した後、性教育を攻撃し続ける変幻自在の同盟は、「偽の親しみやすさ」という蜂蜜のマントに包まれた一見バラ色の教育ビジョンを用いて、その火力を強めています。性教育は必要だが、「性別や年齢に応じた」学習が必要であるとか、フレンドリーなキャンパスを築くには「尊敬」が原点であり「愛」が核となる価値観であると主張するが、実際にはその概念をジェンダー教育にすり替え、生物学的性別は男性と女性しかないと主張、インターセクシャルという自然界の存在は無視されている。ジェンダー・スペクトル」「トランスジェンダー」「ホモフォビア」「異性愛ヘゲモニー」などを含む教科書や教師用マニュアルは、「子どもを同性愛者にする」年齢不相応な性教育教材として非難され、物議を醸していますしかし、性教育の精神は、あらゆるアイデンティティを尊重し、多様性を共存させることであるはずです。

  数え切れないほど多様な性のあるコミュニティの人生経験は、性愛とエロティシズムの開始が幼少期から始まることを教えてくれる。一人ひとりのライフコースや問題は異なり、教育はトップダウンで支配されるべきではなく、生徒を簡単に分類することもできない。したがって、多様なジェンダー・アイデンティティ、親密な関係、性的嗜好、そしてセックスワークさえも認識されるべきであり、例えば、議論のための開かれた場に値するのです。オープンな関係、娯楽的な薬物使用、フィンガーセックスやアナルセックス、様々な性的快楽の形(ポリアモリー、BDSMなど)、ボディヌード(Free the Nippleなど)。これらの問題は、生命、平等、解放、自由への欲求と結びついており、社会とその環境の機能に影響を与えるものです。これらの問題は、生命、平等、解放、自由への欲求と結びついており、社会とその環境の機能に影響を与えるものである。情報は関連するものです。

誰にでも必要なセクシュアリティ教育

  ジェンダー教育」が根強いため、実は親や教師は、性の多様性やセクシュアリティを「手放した」世代なのです。生徒がさまざまなポップカルチャーや社会問題について議論するとき、彼らは逆に教師や確立されたカリキュラムに抵抗し、交流し、議論しているのです。

  私たちは皆、愛し愛されることを必要とし、セクシュアリティやジェンダーの問題を探求する空間を必要とし、そして恐怖ではなく自由をもたらす教育を必要としています。過去の学校教育を振り返ってみると、私たちが社会に出たとき、親密な関係を前にして、自分の身体的な欲望を理解し、楽しむことができたでしょうか?より成熟した対人関係を築き、セックスを交渉したり拒否したりすることができただろうか?一人の男、一人の女、一生涯」の先にある感情的な関係や欲求まで見えているだろうか?多様なコミュニティ、特に身体的・精神的な障害者、高齢者、未成年者の性の探求とニーズを見ること、HIVと共に生きる人々への理解と受容など、多様な性のコミュニティに付随するスティグマを減らすこと、そして「恐怖よりも愛を優先させること」である。9.

  台湾が「民主的」かつ「多元的」な社会であることを誇るように、教育の目的と内容は、複雑化する社会がもたらす課題に直面して、自ら考え、自ら判断する方法を学ぶことができる人間を育成すること、異なる人生経験を持つ個人が互いに異なる扱いを受けることなく価値衝突や対話を行い、社会の進歩を促すために自己を省みることができることでなければなりません。そこで、私たちは次のことを求めます。

  • 上昇志向がもたらす若者の不幸を否定せよ!学校における性教育の主役は若者である。 多様性教育の真の意味は、一人ひとりが自分の違いを持ち寄り、他者の違いを理解することによってのみ実現されるのである。
  • 教師は教育のプロフェッショナルとして、多様性/ジェンダー問題について学び続け、教室を自由で率直な議論と相互理解のためのオープンスペースとしています。
  • 親権を持つ親は、子どもの性への欲求や探求に正直になり、不安や本当の自分への受容を歩んでいくことが大切です。
  • 政府は、進歩的な言葉をパッケージとして使い、性的多様性コミュニティの存在と権利を無視したまま、逆行的に行動することをやめるべきである。偽装同盟の嫌がらせや政治的打算を拒絶し、都市と農村の資源格差を是正するための実践的で公平な教育に毅然とした態度で臨むべきだろう。
  • 社会の一員として、男女共同参画やダイバーシティ教育のために協力する必要があるのです。

  第15回台湾ゲイ&レズビアンパレードは、私たちが街頭で、それぞれの生き方や問題を示す機会です。あなたと私は、自分だけでなく、自分の肌に馴染めない友人のために、セクシャリティに関する生きた教材となり、セクシャリティ教育への「扉を開き」、社会にカラフルで多様な「性教育への欲求」を与えています。10行進の様子です!(2017年台湾ゲイ&レズビアン集会連合会HPより引用)

備考

  1. 2015年「年齢制限なし●クローゼットの解放●若者自治」メインディスカバリー  
  2. FUN Out Together 2016 ~「偽りの親しみやすさ」を打ち破る、あなたと私~ 基調講演 
  3. "変身同盟"キリスト教の信仰体系に関連する保守的なグループの総覧です。真愛同盟、家族保護同盟、次世代幸福同盟、台湾民権連帯、政党組織「希望信仰同盟(ラブレス・アライアンス)」などの団体...などである。 
  4. 2000年4月20日朝、授業時間中にトイレに行ったところ、血まみれで倒れているのを発見され、病院に運ばれた後に死亡した。この事件をきっかけに、ジェンダー教育について世間で議論されるようになり、2004年には男女共同参画教育法に変わり、教育政策もジェンダー教育からマルチジェンダー教育へと拡張されることになった。
  5. こちらもご覧ください"男女共同参画教育法 "第21条Q&A版メインディスカッションの質問6について.
  6. 今年7月、雲林県政府は雲林県内の全小中学校に対し、性別の多様性を認識する教材の排除と「ジェンダー・スペクトル」の内容の削除を求める公文書を発行しました。の報告をご覧ください。プロ意識より政治? 雲林県が「性の多様性意識」の教育を禁止に.
  7. 今年の9月3日から11月4日にかけて、国立教育研究所(NIE)が主催する12年版「社会科の学習指導要領」に関する公聴会について花蓮県や高雄市などで差別発言を行う「父母連盟」。現在、花蓮県や高雄市では、父母の名を掲げながら、それに反対する名目で行動する偽装同盟軍団が、主題から外れた差別的な演説で公聴会を占拠しています。
  8. セクシュアリティは、個人の性的指向、親密さ、性的嗜好、身体の性的自律性、性的権利、そして社会的シーン、性的暴力、性的いじめ、働く権利など、それぞれの欲望から生まれるものである。また、無性愛は他者への性的欲求を生まないが、それでも恋愛を好むグループ、親密さを好むグループ、そのどちらでもないグループなどがあり、これらはすべて多様な欲求の表れである。これらの欲望が否定され、異常とみなされると、「性」の幸福が自分の幸福に影響し、それがパートナーや家族、社会にも影響します。
  9. ジャッキー・チャン、YouTube - "病気の後''.
  10. 本論でいう「欲望」とは、欲望、食欲、性欲、家庭を持ちたいという欲求など、人間の基本的な欲求を指し、人がより良いものを求め、進歩するための動機づけの源となるものである。そこで、一人ひとりのセクシュアリティの多様性を理解することで、欲望の存在と、そこから生じる性的アイデンティティ、親密さ、性的嗜好などのさまざまな問題を、一般の人々が理解できるようになることを願って、「欲望の教育」という言葉を用いています。
    2011年、変身同盟は「セクシュアリティは欲望を教える」と題した映画を公開し、「欲望」にまつわる社会的スティグマを強化することで、学校での性教育を歪め、信用を失墜させました。ここでは、「欲望」に対する世間の恐怖や忌避感を覆し、多様な性教育を社会で実施できるようにとの願いから、再びこの言葉が使われています。

ツアーマップ

ツアーグループ

赤色台湾基地協会、国立高雄師範大学ジェンダー教育研究所、ゲイ&レズビアン文化研究会、国立高雄師範大学レインボーフラッグ掲揚チーム、清華大学サービスラーニング両岸学生交流プログラム、国立中正大学クスラ会、台湾レッドリボン財団、レッドハウス、ウィンディシティ、朱羅家、国立成功大学東樂会、虹城管楽隊、スーチョウ大学社会科学部、台湾タブーです。
オレンジLGBT Inter-Co Network、HP Inc、HPE、Winkler Partners、Lexie Tai X、TAIWAN LGBT SCOUTS、国立嘉義大学、NTPU 留学生ホーネットです。
ブラック水子、UNICORNユニコーン、BDSM協会、国立台湾大学、国立台湾師範大学、Google Gayglers、SIREN。
グリーン結婚肯定綱領、台湾LGBT家族権利協会、台湾親子共育協会、誓い台湾(ヤフー台湾)、虹淺ドラゴンボートチーム、TIQFF台湾国際クールキッズ映画祭、アムネスティインターナショナル台湾、ゲイ親愛協会、台湾女性協会台湾女性の会、工具青年戦線、台湾人権協会、台湾大学学生協会、昌世大学カウンセリング相談所/結婚家族療法研究所、LGBT権利章典ロビーイング同盟、アイランドフォワード、NTU女性研究会、LEZS&女性国家、花蓮虹色カーニバル、社民党、交通大学敵棒裁判所、台中LGBT行進連合、月、時間力、BEAROLOGY.
ブルー国立台湾大学社会学部、海西統一協会、北台湾学生性愛協会(国立台湾師範大学、スーチョウ大学、国立交通大学、国立清華大学、台北市立大学、国立宜蘭大学、国立文化大学、淡江大学、淡江大学、福建カトリック大学、福建カトリック大学、福建カトリック大学、福建カトリック大学(タムカン大学同人会、国立台湾大学龍大会、国立台湾大学ゲイ&レズビアン会、国立台北教育大学同寮(ㄒㄧˋ)社-多种議題研究社、国立台湾芸術大学性苹果会、タムカン大学テンプラー虹船会、長庚セクシャリティナイーブフロント)、中部台湾学生セクシャリティ協会(朝陽科技大学-レインドリーミング協会、風采大学-セクシャルフレンドリー協会、東海大-セクシャリティフレンドリー協会、国立台湾科技大学-セクシャリティ工房ジェンダーフレンドリー研究会、桐海大学-ピア研究会、国立彰化師範大学-セクシャルクール研究会、清義大学-異夢研究会、済南大学-天青ジェンダー研究会、国立中興大学-ジェンダー文化研究会、亜州大学-虹人会、大悦大学-虹語会、台中教育大学-ムルチョート研究会、中国医学大学-ジェンダー探求会、国立中興大学(国立中興大学、台中高級農業職業学校-虹の会)、国立彰化師範大学-性的クール会、Flying the Rainbow Flag、GAP.
ホワイトGathering Press、American Institute in Taiwan、International Socialist Forward、Shi Hsin University Gender Research Institute、台湾医学生協会Sexual Health Promotion Division(FMS-台湾SCORA)、Greater Seattle Business Association、T-STUDIO、Rainbow Avenue、Xiang Shan Society、台北マンダリンオリエンタルホテル、GLtd.、台湾平等権、台湾男女平等教育協会、女性新知識基金会、愛少女集団、アウトドアマウンテンクラブ、Be Proud of Yourself - Rainbow Boys、Sunpride Foundation。
パウダー台湾ゲイ&レズビアンカウンセリングホットライン協会、巴黎斯海灘(手の天使、障害児、台湾涼童権推進連盟、新活力自立生活協会、香港女性キリスト教協会「罠のない愛」チーム、台湾障害者権利推進協会、台湾障害者希望事業協会)、台湾性愛カウンセリング協会、マカオの虹、南風一緒にII株式会社、国立政治大学106高校カウンセリングクラス、女性ファン、新竹市カウンセリング心理士会、長庚科技大学LGBTエクセプション協会、lesparkララパーク。
イエロースウェーデン留学、PLU(People Like Us)、Asians and Friends Taipei、60712、国立政治大学LU仁家ゲイ文化研究会、TUST Cool Kids Club、士林大学Flying Fish Gay Society、Green Party、KMT Youth League、GaLesy Galaxy Rockets、台湾電気電子情報産業連合、そしてタムカン大学学生会です。
パープル美道‧白牙、エースホーム無性コミュニティ、ウィメンズマーチ台湾、台湾夫婦権利促進連盟、大愛連盟、明泉心理学部性心理プログラム、大北帰郷会、バッチ蹴り板と引き板、清太大人コミュニティグループ、虹色涼しい子供健康文化センターレインボークールキッズヘルスカルチャーセンター

寄付・スポンサーシップ

寄贈カタログです。

NTUの学生たち 1500 
陸毅玄900
ツェ・クワン5000
ヒコーキムシの手描き 3500
グリーンティー  500
小型サイド  1000
チェン・シー 50000
コマンダーDです。 30000
宋嘉庚(ユンカイコウ300

スポンサー依頼フォーム

T-STUDIO International Limited
アムネスティ・インターナショナル台湾
Snow Leopardのテクノロジー
2017 LGBTパレード Uber Affirmative スポンサーシッププログラム
北京DESTINATION CLUB
ホーネット台湾
ギャップ
サンライトファウンデーション
LesParkララパーク
AEC Integrated Marketing Ltd.
台湾予防医学協会(Taiwan Society of Preventive Medicine
結婚肯定派大綱
イーシャコルセット
辻利茶舗(つじりちゃぼう

"渋い色気が開き、多様な欲望が続く" 本編ディスコースQ&A

Q1.今年のテーマ「渋い色気が開き、多様性がついてくる」とはどういう意味ですか?

A:1行目の「渋い性と平等が開く」は、「渋い」は「淀んだ」「緑」「性」の調和、「性と平等」は多元的な「男女平等教育」と、さまざまな解釈を含んでいます。フレーズ全体では、社会全体の男女平等の空間が開かれること、学校で若い命が男女平等教育を多様に学ぶことができること、そして「性」に聞こえるものについて議論の余地があることが期待されているのです。

第2文では、第1文に続いて「欲望の多様性を教える」とあり、欲望に関するさまざまな問題、たとえば欲望、性欲、親密さなどを、セクシュアリティ教育の中で避けるのではなく、一緒に見て議論できるようにと願い、「教育」を「欲望の教育」と変えています。さらに、ここでの「セクシュアリティ教育の多様性」は、制度内の学校だけでなく、社会全体を対象としているのです

ラリーの希望問題に対する議論と理解を深めることで、無知からくる恐怖、差別、潜在的な暴力を減らすことができます。.

Q2.「欲望」は私的な問題であり、なぜ公的な問題として議論されなければならないのか?

A: 欲望とは、愛、食、性、家族など、人間の基本的な欲求を指し、人々がより美や進歩を追求するためのモチベーションの源となるものです。特に現代社会では、個人が社会の最小単位であるため、個人を起点とする一見私的な欲望の領域が、あらゆるアイデンティティや対人関係と絡み合い、大小の社会的ネットワークを形成し、それが公的な問題という形で個人に影響を与える。それゆえ、社会全体として、多様な個人が自己を表現し、より多くの可能性を展開するための場を提供することができるのか。それは、社会がより平等で、進歩的で、開かれたものになるかどうかということでもある。

セクシュアリティ教育の分野では、性自認、性的指向、親密さ、性的欲求など、すべてが密接に関連しています。これらの問題は、個人が自分の欲望と向き合い、対応する立場を見つけるために、その違いによる苦しみや抑圧、恥を感じることなく、学び、観察し、議論する必要があります。-すべての違いを平等に扱うことができる。

Q3.集会のテーマは、学校で行われているセクシュアリティや平等に関する教育のことでしょうか?また、その対象はどのような分野ですか?

A:台湾のLGBTマーチは、長い間、社会全体のために提唱してきました。 そのため、今回のテーマは、学校のカリキュラムだけでなく、男女を超えた多様な性の中で、「複数の問題を包含し、違いを尊重することを教える男女平等教育」をテーマにしています。メインテーマの3つ目のサブテーマである「すべての人のための男女共同参画教育」とは、学校、家庭、社会など、社会のあらゆる領域で男女共同参画教育が実施できることを意味しています。

Q4.集会で提案された多様な性教育は、教師が生徒にどう教えるかを指示するものなのでしょうか。

A:今年のメインテーマは、先生方に生徒への教え方を伝えるのではなく、学校から一般社会への性教育の多様性をアピールすることです。 性の知識を教えるだけでなく、人生の不安や疑問に寄り添い、見ることができるようになればと思います。そして、親や教師などの教育関係者には、個人差を意識し、「渋い」個人の真のニーズに応えるために、教育現場を「開放」し、疑問を抱いた生徒が助けを求める手段を持たないことがないようにしてほしいと呼びかけています。

学生時代に幅広いセクシュアリティ教育を受けることができないので、大人になったとき、子どもの学習に付き添うのはもちろん、子どものセックス/ジェンダーに関する質問にどう答え、どう聞くかを考えなければなりません。すべての問いと答えを出し尽くすことは誰にもできませんし、社会が複雑になればなるほど、新たな問題も出てくるでしょう。だからこそ、年に一度のマーチは、さまざまな問題について議論し、考えるためのプラットフォームとして機能し、違いを通して対話と綱引きを可能にし、それぞれのユニークな個人のためのスペースを少しずつ広げていくのです。

Q5.「年齢に応じた」性教育が大切だと思う。

A:現在の国家教育12カ年計画では、確かに性教育の年齢別教育設計があり、小学校、中学校、高等学校に応じて5つの学習段階に分けられています(国立教育学研究所のトピック統合のためのハンドブック(p.31)とし、「自発的な学習者としての生徒」「個々の特別なニーズへの対応」「多文化・民族の違いの尊重」の精神を強調しています。
いわゆる「小学校で指入れや虫下しを教える」というのは、ずっとVAによる中傷や歪曲であり、どのジェンダー団体もこれを提唱したことはない。変革同盟が提唱する「年齢に応じた」アプローチは、実際には、結婚前の貞操と結婚後の性的関係のみを強調し、性教育を一切否定・教えないという明示的・暗黙の方法であり、また、両性以外の性の多様性を否定し(「性別スペクトル」など)、子どもたちに同性愛を「感染」させると考える・・・などなど。このような「年齢に応じた」性教育は、差別と疑似友好の典型例であり、性教育の中核的価値観に完全に反している。

現実には、多くの学生が同じステージで自身のセクシュアリティ/ジェンダー教育の問題に遭遇しています。 そこで、同盟では、学生本体に立ち返ると同時に、複数のジェンダーのニーズに配慮し、教材にとらわれず、個人の違いや心のニーズに真に応えるべきと提唱しています。

Q6.生徒が「性」に関連する質問をした場合、教師は通知する必要があるのでしょうか?なぜ、告知の仕組みが性教育の範囲を限定してしまうのか?

A:セクシュアリティ教育とは、健康教育や性の多様性を理解することだけでなく、親密さと禁断の果実の最初の味にどう対処するかということでもあるのです。

男女共同参画教育法第21条では、生徒が性的暴行、性的嫌がらせ、性的いじめを受けた「疑い」がある場合、学校長、教師、職員、学校の職員は24時間以内に学校に通知しなければならないとされています。生徒が単に性に関する健康教育についてではなく、好きな人との合意の上でのセックスについて、教師に相談したい場合、機転を利かせて関係者の身元を伏せなければ、未成年の生徒が合意の上でのセックスをしたことを知った場合、教師は報告し行政手続きを取らざるを得なくなる。
一方、生徒が教師に助けを求めようとする場合、双方からの微妙な圧力が間接的にセクシュアリティ教育の幅を狭めてしまう。

法的手段は別として、未成年の子供には、発育期に性教育や情操教育を行うことがより重要なのでしょうか。(参照:蘇強嶺。(必要なのは教育です)(マンダリンデイリー、2017/6/1)

Q7.本紙に掲載されている論点(オープンな関係、娯楽的な薬物使用、ポリアモリー、BDSMなど)は、アライアンスの見解を表しているのでしょうか。これらの論点をADLが歪曲したり文脈から外したりすることで、学校での男女平等教育の幅が狭まる懸念はないでしょうか。

A: 台湾のLGBT行進は常にプラットフォームであり、多様な関係や問題、特に限界集落、少数派、汚名を着せられたが現実のグループ/問題を見て、議論できることを望んでいます。この集会は賛否両論を持たず、プラットフォームであるという原則に忠実で、多様な違いを提示し、議論できるフレンドリーな社会を提唱しています。

以下は、VAが性平等法を阻止した数年間に起こった出来事を照合したものである。

時間イベント情報
2008補助神学校は妊娠中の学生の教育を受ける権利を守るための「性的平等法」に反対しており、その宗教的立場から追放されるべきである
2011"台湾真愛同盟 "は、「男女平等教育」のシラバスおよび関連教材の学校への持ち込みを妨害し、教育部主催のシラバスに関する公聴会、オンラインプラットフォーム、メールなど様々なチャンネルを通じて、差別的で虚偽の噂を流し、地域社会をパニックに陥れました。"トゥルーラブ・アライアンス事件 "の年表 https://goo.gl/U30Lzキリスト教右派の拉致政策が男女共同参画教育の最大の障害に https://goo.gl/9XL9f
2011/10/30台湾ゲイ&レズビアンパレードの翌日、「女々しい」という性自認による差別といじめを受けたヤンが飛び降り自殺をした。 もうひとりのローズボーイの転落 https://goo.gl/S1RHSZ
2012/4/17男女共同参画 シラバスが遅れている ゲイ・レズビアンの状況調査 6割近くが他者から傷害を受ける https://goo.gl/EU1kzt
2013/11/30"台湾家族保護連盟(TFPA)は、2013年10月25日に「婚姻権平等法案」の第一次審査通過に反対する「1130全国海道集会」を開始しました。現場では、個人の自由を拘束する事件が多発した https://goo.gl/5e5mBp
2014教育部(MOE)は「男女平等教育委員会」を発表し、LGBTへの差別的な発言をした曽萍潔教授(中科大学財政経済学部)と丁雪媛准教授(新竹教育大学幼児教育学部、台湾真情同盟会員)がリストに掲載されました。当時、教育部では、男女平等教育委員会には「男女平等を認める」委員だけでなく、「男女平等を認めない」委員もいることで、「多様な声」を聞き、「異なる立場を考慮した」政策を行うことができると考えていました。 専門職の代表である文部科学省が「多元的・多様的」の意味を取り違えたことで、「政教分離」という民主主義の価値を危険にさらすだけでなく、悪意の暴走を率先して許しているのです。楊喬玲:反類似活動家が性的平等活動家になるにはどうしたらいいのでしょうか? https://goo.gl/QLYkLZ
2015/10-12ナショナル・エデュケーション・シラバス12 - 世界の公聴会
2016/8/24機械試験には性差別がある、NTUは3万ドルの罰金を科す
2016/12/5全青協:性教育は必須、年齢に応じた学習が求められる https://goo.gl/pJRtVQ 本Q&AのQuestion 5をご参照ください。
2016/12/9性教育の20年:保守派は性教育を中傷し続け、ジェンダー派は12年間の国民教育カリキュラムに性教育を含めるよう呼びかけるhttps://goo.gl/k4Pd5M
2017/3/28性平等教材が高雄で賛成派と反対派の抗争を巻き起こす https://goo.gl/d7SXJf
2017/6/21文部科学省男女共同参画教育委員会委員の公募要領のお知らせ」発効について
2017/6/27ウォン・ヤンイー氏の「性平等案」は昨日敗訴、委員会は「上位」の参加権を削除 https://goo.gl/zd1Cq1
2017/7雲林県政府は、雲林県内の全小中学校に対し、性別の多様性を意識した教材の排除と「ジェンダー・スペクトル」の内容の削除を求める公文書を発行しました。の報告をご覧ください。プロ意識より政治? 雲林県が「性別の多様性を意識する」教育を禁止 https://goo.gl/gY1dTM
2017/9/3~11/4国立教育研究所(NIE)は、12年の国家教育社会科カリキュラムのカリキュラム案について、各地で公聴会を開催する。現在、花蓮県と高雄市では、公聴会では、保護者の名を借りた同カリキュラムに反対する保護者の偽装同盟が、テーマから逸脱した差別的なスピーチを展開しているのが現状だ。

Q10.現在、性教育は学校でしか教えていないようですが、学校を辞めた人はどこに行けばいいのでしょうか?

A:現状では、ジェンダーオンリーの(疑似)性教育や結婚講座、アドボカシーがまだ主流です。学校以外では、多様な性教育のチャネルは限られており、主にジェンダーフレンドリーな団体やコミュニティカレッジによる講演や講座、一部の企業では社内研修や講演が行われている。振り返ってみると、性教育は中央から地方まで多元的に行わなければならないと性平等法で定められているにもかかわらず、なぜ学内の教育環境はいまだに外国人連盟の弾圧やハラスメントにさらされているのでしょうか。キャンパス外のリソース不足は言うに及ばず!?

若者にとって、制度的な教育はセクシュアリティ教育の推進と実践の第一歩に過ぎない。例えばスウェーデンでは、若者がセクシュアリティについて十分な知識と準備をし、信頼と尊敬を受け、困難にぶつかったら助けを求めようとするユースセンターがあります(参照:蘇強玲「スウェーデンのセクシュアリティ教育」)。(必要なのは教育です)(マンダリンデイリー、2017/6/1)。[リターン]です。

最後に、アライアンスは、規制と執行の両面から、この法律が性的に多様なコミュニティに与える影響について、長い間懸念してきた。しかし、法律はあくまで基本的な権利の保護であり、万能薬ではありませんし、法律を政策に落とし込む過程には多くの欠陥や欠点があることは言うまでもありません。プラットフォームとして、主流の社会、文化、教育の中に埋もれている小さくも深い叫びに焦点を当て、これらの問題の抑圧を強調することで、あなたや私に常に警戒を怠らないよう思い出させることができればと思います。多様な生き方が、集会当日の自由や表現の自由だけにとどまらず、集会以外でも対等に、自由に、かっこよく花開き、毎日を平和に過ごせるようにと願っています

現在の学校システムでは、こうした一見センセーショナルな問題は、確かに、これまで性教育をシステムで行ってきたのと同じように、トランスフォームド・アライアンスによって信用を失い、圧力がかけられるかもしれない。しかし、問題を回避することでVAが消滅するわけではなく、むしろ議論の機会が制限され、性教育が「開かれた」ものになる可能性が奪われてしまう。また、学校外での主張の場が増えれば、外から学校内の議論にも影響を与え、社会全体が「みんなに性教育が必要」という方向へ向かっていくことができる。

Q8.子どもを教育するために、親や教師は性教育について学ぶ必要があるのでしょうか?

A:当アライアンスは、「誰もがセクシュアリティ教育を必要としている」ことを提唱し、誰もがセクシュアリティ教育を主体として学ぶことで、共に切磋琢磨し、快適な社会生活を送ることができるよう、取り組んでいます。

親や教師にとっては、複雑化する社会環境や子どもたちの問いかけを前に、学歴主義に支配される悲惨な青春を回避するために、環境がもたらす課題を理解し、子どもたちの学びと成長に寄り添うことがより重要である。また、職場においては、違いによるさまざまな職場でのいじめや差別、セクハラを回避し、多様な視点の確立による真の平等を実現できるのである。

Q9.男女共同参画教育の精神は、多様なアイデンティティを尊重し、多元的に共存させることであり、その概念が保守的であろうと穏健であろうと過激であろうと、すべてに参照価値があるのだから、なぜ異形の同盟に対する作戦の誤りを指摘し続けなければならないのか。

以下、本論2番目の小見出し「似非フレンドリーな性教育を否定する」の続きをご覧ください。端的に言えば、多元的な考えを許容することこそが民主主義社会の価値であり、自分とは異なる立場を排除したり貶めたりしてはならない。 しかし、「変革の同盟」は常に他人の権利や利益を意のままに踏みにじり、「真実は至高に君臨する」。

(台湾ゲイ&レズビアンマーチ公式サイトより引用)

ja日本語