台湾 LGBT 2013年3月のテーマとスピリット

画像出典:2013年台湾ゲイ&レズビアン同盟公式サイト

同性愛を見る2.0

解説しています。

今年のテーマは「Seeing Homosexuality 2.0 - 性的難民と向き合い、支援するために闘う」です。 ラリーアライアンスが第1回のテーマ「Seeing Homosexuality」を採用したのには、2つの重要な理由があります。

1.マーチの10年間を振り返ると、性的多様性を持つコミュニティは、いまだ様々な抑圧を受けている。


台湾のゲイ&レズビアンマーチが「同性愛を見よう」と呼びかけた2003年以降、毎年の集会やテーマで地域や社会との対話を模索してきたが、この10年を振り返ると、社会における性の多様なコミュニティへの抑圧は止まらない[Appendix I]。

2.同性愛に向き合い、ユニセックスな「ゲイ」に愛や性の多様性を曖昧にさせない。


もともと「ゲイ」は同じ心を持つ人を指す言葉でしたが、その後「ホモセクシャル」とほぼ同義に進化し、「LGBTQIA」となりました。[1]LGBTQIA』は、LGBTQIAコミュニティなどのコミュニティの総称である。しかし、「ゲイ」というユニセックスな言葉は、響きもよく、効果もあり、言いやすいのですが、LGBTQIAの関係やセクシュアリティの可視性を曖昧にしてしまうことにもなります。社会が進歩し、オープンになり、ゲイの人たちが生活の中で目につくようになったと言われても、ゲイの人たちの性的・感情的なパターンについては、理解が進んでいないのが実情です。[2]地域社会には、まだネガティブなイメージがある。

台湾の社会と法律は、「男女の区別、一夫一婦制、生涯愛」という価値観だけを保護・促進し、この価値観は、性的嗜好や表現の要求だけでなく、性的指向や性別気質の要求も包含しています。非婚セックス、非再婚セックス、非一対一セックス、非バニラセックスの価値観は[3]セクシュアリティはしばしば隠され、不明瞭にされ、道徳的な高みから禁じられ、いかなる資源も割り当てられず、議論も表現もできないばかりか、社会的抑圧や法的処罰の対象にさえなっています。性がこの価値観から逸脱している場合、それは社会の主観的な想像や期待に合致していない。
なぜ個人の性的嗜好、選択、表現が社会の期待に沿わなければならないのか。そうでない場合、彼らは社会システムの犠牲者となる。

私たちは、このような難民を総称して「性的難民」と呼んでいます。性的難民は、世間の偏見や心ないコメントや発言に直面する以外にも、国の政策で無視されたり、裁判で犯罪者にされたりして、資源へのアクセスを拒否されています。せいぜい、対人関係の不満やメディアの詮索にさらされ、その結果、雇用を失い、居場所を失い、人生の終わりを迎えるだけである[Appendix II]。性的多様性のあるコミュニティでは、すべての人が性的難民であり、セクシュアリティを理由に非難、抑圧、差別、自己の抑圧、資源の喪失にさらされています。そして、社会の期待に応えられないことで抑圧されるのは、LGBTQIAのようなコミュニティだけでなく、異性愛者も同様です。

性的難民が苦しむのは、台湾社会が提供する懲罰的な価値基準によるものです。社会は、衣食住、職業、交友関係など、さまざまな領域で各個人が異なる嗜好や判断をすることを認めている。これらの側面に対する個人の評価は社会によって規制されないが、性的嗜好や判断の複数性は法律や社会によって規制されている。

同様に、台湾社会には、資源が偏在し、あらゆる方向に抑圧された犠牲者がいる状況が多く存在する。例えば、患者を隔離し、やがて発展の妨げとされたハンセン病の汚名、都市再開発事業で取り壊された士林の王家住宅、開発の名の下に奇手によって破壊された苗栗の大浦・南屯カトリック教会、経済発展のために犠牲になった家族村の華光コミュニティ、労働委員会の方針の揺らぎによって再び横たわることになった工場労働者や、環境影響評価を取り下げられたものの売春と売春両方を罰した仮想性専用法によって建設を強行した梅来望や丹比道路開発の案件が挙げられる。環境影響評価(EIA)が取り下げられたにもかかわらず、建設を強行した梅里湾道路、丹北道路開発事件。国の法令や世論が抑圧やスティグマを生み出し、それに抗う人々の努力にもかかわらず、社会システムのもとで難民となっているのです。

性的難民は、あらゆる階層の難民と同様に、社会システムの暴力の犠牲になっている。しかし、私たちは皆、抑圧や差別の経験を持っているからこそ、互いに力を合わせ、社会システムの暴力的な構造と闘うことができるし、闘うべきである。

第11回ゲイ&レズビアンマーチ2013のテーマ「同性愛を見る2.0~性的難民と向き合い、支援と闘う~」は、社会システムの暴力によって抑圧されている難民を団結させて立ち向かわせることを目的としています。私たちを見る、立ち向かうだけでなく、社会システムの不公正に対して共に闘い、資源が公平・公正に分配されるようにするのです!
繋がり、戦い、支え合うことで、互いの支えとなり、力となってきたのです!(2011年台湾ゲイ・プライド同盟のウェブサイトより引用)

[予定]です。

スケジュールI

  • 2003年、第1回LGBTマーチ「同性愛を見る」の後、台北市議会議員が「公的機関の資金でLGBT活動を支援すべきではない」と議会で提案しました。
  • 2005年、保健省は男性と性交渉を持つ男性やセックスワーカーを献血不可としました。
  • 2006年、第4回ゲイマーチ「一緒に帰ろう」は、家族をテーマにしていたため、市議会議員や保守勢力から反対されました。
  • 2009年、第7回ゲイマーチ「Gay Love is Big」では、マーチの1週間前にアンチゲイの行進が行われた。
  • 2010年、台北市教育局はすべての国、高校、大学に公式文書を送り、同性愛者がクラブと称して生徒をゲイの社会活動に誘い込むことを防ぐよう学校に要請しました。
  • 2011年、「男女共同参画教育」カリキュラムの当初の実施は、宗教家が保護者の名の下に、発言はするが姿を見せないという曖昧な形で反対したため、延期された。
  • 2013年、保守的な宗教団体が連合を組み、「伴侶法案」の推進に反対した。

スケジュールII

  • 田季元はエイズに感染していたため、教育を受ける権利を奪われた。
  • また、いじめを恐れて学校の時間帯にあえてトイレに行き、最終的には学校のトイレで亡くなってしまった。
  • MHでクロスジェンダー(MTF)。[4]女性用の服を着るな、女性用トイレに行くなと言われ、違法に解雇された。
  • トレインレック事件はメディアで大きく取り上げられ、世間は法律が見つからなくても主催者を有罪にする方法を探しました。
  • インターネット上であれ、生活上であれ、エロティックな文章や写真を頒布することは、児童法第29条、刑法第235条に違反する。
  • 性売買の行為は、たとえ合意の上、慎重に行われたとしても、マナー違反であり、社会保障法第80条に違反する。

ツアーマップ

10/26(土) 14:00 台北市役所仁愛広場出発

2013年台湾LGBTラリー再掲載

台湾LGBT集会同盟は、慎重な会議と議論を重ねた結果、集会のテーマやセミナーの内容がもたらす反響について、以下の声明を発表し、私たちの立場を表明することにしました。

I. 集会の主軸-性的難民の多様性を訴える

台湾ゲイ&レズビアン同盟の行進(以下、行進)の全体テーマは、多くのゲイ&レズビアンの人々の日常的な状況に直接焦点を当てたものです:あなたは自分のパートナーをすべての友人、家族、同僚に紹介できるか、または彼らにパートナーを紹介してもらうことができるか?手術が必要なとき、パートナーが同性であれば、家族や配偶者としての同意書にサインしてもらえるか?自分の望む性別やイメージの服装で日常生活を送ることは自由ですか?お互いの遺産を合法的に相続することができますか?性」について、隠さなければならないことはないですか?

これらの観点から、私たちは皆、「性的難民」という広いカテゴリーに属しており、私たちの多くは、国際的・人権的な言説において、必ずしも「難民」として直ちに生命を脅かす迫害を受けるわけではないとしても、私たちが性的アイデンティティの結果として共有する「難民」という状況を、私たち全員が理解し、関わり合うことによって、性的指向によって、家族や出会い、仕事や政治など生活の異なる領域で自分を隠さなければならない私たちが、生活の異なる領域におけるさまざまな権利や利益のために協力し合うことを期待するものである。私たちは、性的アイデンティティゆえに共有する「被差別者」の状況を理解し、互いに関わり合うことで、家族、交際、仕事、政治などの生活領域で自分を隠さなければならない、あるいは差別的な扱いを受けたり、追放されたりする私たち全員が、生活のさまざまな領域で自分の権利を求めて共に声を上げることができるようになることを願っています。

2.アライアンス・フォーラム:LGBTの多様性を提示するために

今年の集会の前夜、同盟は集会に関する多くのフォーラムや活動を企画しましたが、その中で大規模なものが3つありました。

1.府中15区での映画上映で、台湾での行進の歴史を説明する:行進がどのように始まったのか、始まりから現在までの違いは何か。

同、今後の可能な方向性

2.セクシュアルマイノリティの現状を踏まえた社会情勢全体を議論する:セクシュアリティ教育と真実の愛の同盟、生活教育におけるジェンダー問題などを含む。

台湾における外国人感染者の状況、ユニバーサル・スクリーニングの問題、学校における若者の性の自律性

3.現在、国家によって罰せられる性的対象:レクリエーションドラッグ使用、BDSM実践者、セックスワーカー、そして最も議論と反発を招いたもの。

これはレクリエーション・ドラッグの使用問題です。

新聞報道後、一部のネットユーザーは、集会同盟が娯楽用薬物の使用を支持していると誤解し、また娯楽用薬物の使用やセックスワークの問題は優先されないと考える人もいたようです。しかし、今回の集会では、レクリエーション・ドラッグの使用やセックスワークの権利以外にも、集会の歴史の紹介、ジェンダー教育やゲイユースの問題についての第一線の労働者の意見、エイズ政策がゲイカップルの権利に与える影響など、さまざまな問題を提示したことを強調したいと思う。しかし、残念なことに、その後、これらのトピックはレクリエーション・ドラッグの使用という観点からしか議論されなかったようで、場合によっては、誤解や混乱、増幅によって、一部の友人からの反発を招いたかもしれない。これは間違いなく、同盟の本来の意図とは異なるものです。

アライアンスの容量と位置づけ

アライアンスは、様々なバックグラウンドを持つ人々やグループによって支えられている単発の任意団体なので、人材や資格の面では、多くの人が思っているほど経験豊富ではありません。もし、この基本的な言論の自由と少しの議論の余地がなかったら、おそらくLGBT運動は、反体制派を殺そうと必死になっている一部の閉鎖的な保守キリスト教団体と同じくらいひどいものになっていたでしょう。

この2年間、多くの親たちや宗教団体が、この法案を耳にするたびに「同性愛」「家族の価値の喪失」といった感情的な言葉を握りしめて、反対運動を展開してきた。そして、どんなに理論的な根拠や現実的な議論を重ねても、怒りやパニックに襲われ、もはや世の中がどんなものなのか、違う人たちと暮らすことがどんなことなのかを知ろうとしない彼らの信念を揺るがすことはできませんでした。マーチの底流にあるのは、あらゆる問題について発言する権利を尊重し、多元的な少数派に声を届ける場を提供することです。

4.様々な問題に対する声や議論の場を提供する。

なぜ集会同盟がこのような物議を醸す問題に触れなければならないのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は、この10年間の台湾でのLGBT行進の歴史は、農安党事件が起きたとき、行進の準備に関わったLGBT相談ホットラインとジェンダー人権協会がともに関連する立場をとったように、普段は議論にならないような問題を声に出して伝えるプラットフォームを常に提供してきた。

タイ・ビン(2012年レインボーアンバサダー)を例にとると、タイ・ビンはアライアンスのステージをいつも無条件で熱狂的にサポートしてくれるアーティストです。また、観客を盛り上げるために、たくさんのジョークを提供してくれました。(2011年にタイ・ビンが亡くなったとき、集会の呼びかけ人であるアー・チーが書いた追悼記事「偽装の歌姫の愛と恥」をご参照ください)ゲイ・ムーブメントは自由と平等の中で徐々に発展してきましたが、ゲイコミュニティに関する特定の問題は、たとえそれが論争的であっても、尊重され声を上げるべきと私たちは信じています。

5.誰もが自分の課題を持ち寄っての行進を歓迎します。

私たちは皆、幸福を夢見、現実的なレベルでそれを追求しています。私たちは、LGBTQの権利のためのキャンペーンにおいて、私たちの間の違いを見て、多様な問題に対して寛容になり、より理解し、判断することが少なくなることを望んでいます。私の亡きパートナー、ベティ京博さん(2011年ラリーズ文化広報チーム長、2012年レインボーアンバサダー)の言葉を思い出します。「今日、私たちがカミングアウトするのは、自分たちの問題意識を持ってカミングアウトするから。お墨付きをもらうのを待つだけの、バカバカしい存在にはなりたくない。Cを否定し、女性を恐れるのは勝手ですが、私が運動に参加し、肉体をもって差別や暴力の最前線にいることまで否定することはできないでしょう。おそらく、違いを見て寛容になりながら、その先にある幸福の追求の場に謙虚に立ち向かおう。あるいは、あわてて非難する前に、もっとお互いの状況を投げかけて、自分の足でしっかり立って、自分の悩みに取り組んでいけば、共通の未来はそう遠くないのかもしれません。

ツアーグループ

赤色台湾ゲイ&レズビアン相談ライン協会、台湾ゲイ&レズビアン相談ライン協会南部事務所、レインボーフラッグ、石州大学セクシュアリティクラブ&石州大学人文学会、中興大学ジェンダー文化研究会、T&Gラジコミュニティ、台湾医学生協会性健康促進部、プロモーターズ・クリスチャン行動連盟、LEZSマガジン/女性の国党、Mキューブ、台湾レズビアン&ゲイレズビアン会、台湾台湾レズビアン&ゲイコミュニティサービスセンター-GisneyLand Red House、北区ゲイ&レズビアンサービスセンター-GisneyLand Windy City House、KQF & KSCRC
オレンジ台湾カップル権利促進連盟、国立台北大学、YOKE、NTU龍大会、ゲイ教師連盟、マカオ男女教育協会、セロファンチーム-愛の可能性を求めて歩く、カルト組織[残酷な子供]、熊会、国立東和大学「東和通はジェンダー」、台北大学反転壁会、淡海青年団、淡江五虎抗会、台湾基地協会、台湾社交協会ルーテル学院協会、Caring for Pasty Brigade、台湾大学大学院生協会、革縄虐待協会、Flying Fish Gay Society、世新大学、台湾男女平等教育協会、高雄師範大学ゲイ文化研究会、Gayhere、豊科大学ジェンダーフレンドリー協会-台中大学ジェンダー協会、台中ゲイ&レズビアン聴覚障害者の集い
イエローGathering Press、羅東高校同心会、月下のキューピット、桃園T.POWER、まっすぐ行く困難な人たち、MR.Straight』『TABOO』、国立政治大学種子会、福建カトリック大学黒水溝、7年生レズビアン&ゲイスクール、華南大学虹色賓道、済南大学天青ジェンダー学会、国立台湾大学法と正義I、台中エスラーフェローシップ、亜細亜大学虹色ジェンダー学会-台中大学ジェンダー学会、国立台湾科学技術大学-台中大学ジェンダー学会フラジャ、清義大学異性愛夢見会-。台中科技大学「Rainbow Microbrew Club」台中科技大学「Tokyo Rainbow Week」。  
グリーン同光ゲイ・レズビアン長老教会、トップモデルグループ、レインボーボランティアグループ、福建カトリック大学、中国文化大学、Google、公経峠、キーンズハウス、政治大学、呂仁佳ゲイ・レズビアン文化研究会、世新大学、ジェンダー研究所、「相談を読んで、ゲイを応援します」、南風One Together II、男女共同参画教育問題カウンセリンググループ教師、清華大学人文社会科学学院、CWI台湾、福建カトリック大学学生会、ゲイペアレンツ愛協会、南天ゲイクリスチャン親睦会、Two Worlds、台湾女性学協会、ロイヤルファミリー、ダンススピリットアボリジナルダンスグループ、香港キリスト教研究所、セクシャリティ神学会、台湾大学社会工作部学会学術部、中聯教会、TKC、台湾女性学学会主の教会、信徒音楽教会、TKC長老教会ユースフェローシップ、NTU女性学、国立政治大学社会学部会
ブルーNTUゲイチャット、GLAMアジア、清華大学ジェンダー研究会、Mグループ、華帆大学カウンセリンググループ、潭江大学潭江組、南仁呉、YZU Rainbow、V R Malaysian、Chicken Woman Little YG、高雄医学大学ジェンダー研究所、礁城族芸BLG、Yellow Blue Purple、MONEY Hat RICH IN MY MIND、同心広場台北きっちん
パープル国立東華大学RainbowKid伴侶会、Gay Love I Will、LGBTaipei、高雄ゲイ&レズビアン結集同盟、Good Board Eating Habits Equality Alliance、Xiongdu Creative Shabu Shabu、成建大TO.La Cool、国立台湾海洋大Ocean Cool、明泉大学カウンセリング・ビジネス心理学科性心理プログラム、ゲイ向けの出版社、国立台湾師範大学人文社会、大学通信、高校生の方へ制服組合、国立台湾大学学生会、基本書店、台湾大学学生代表会、中国レズビアン&ゲイ同盟、文豪襲来、台湾学校社会工作協会、台湾LGBTQ家族権利協会、志李偏愛会、北京LGBTQセンター、女性新知識財団、中興黒森会、中元大学ジェンダー研究会、大葉会、NTU思想出版、ザ・フール

寄付・スポンサーシップ

寄贈カタログです。

ミンファット&ジャッカー1200 
チェン・シー10,000
徐毅鵬100,000
ゲイナイト準備会6651
エディ@香港40000
アノニマス11,665
胡敏華(フー・ミンホア1600
リディア・ウォン1600
McMAI_BEAR300
アーフォン1000
チョン・クァンチュ1600
ルイ・ユック・イン1600
JND1600
ボラートカルチャーアンドクリエイティブ200

スポンサー依頼フォーム

LUXY 
HXプロダクション
アニキ 
アレイキャッツピザ
PAR.T パトララファッションクラブ
T-STUDIOコルセット
GFSD スパークリングラインストーンリビングブティック
東区遼寧街の塩水チキン
名称 ビックメディカルビューティー
レッツ
h*OURS カフェ
ビ・ザ・ウェイ
シカモアサルーン
GUY-SHOP
TENGA総代理店
Gスター
ベーシックブックストア

2013 Pre-tour Forum - National Sexual Refugees - Gender Friendly Futureを主張する。

29 9月 YWCA 401
ファシリテーター:チー・ワイ(ソーシャルワークオフィサー、LGBTQIA)。
登壇者:范俊源(台湾エイズケア協会ケースマネージャー) 葉嘉瑜(台湾エイズ権利協会ソーシャルワーカー) 胡敏華(羅東高校カウンセラー長/教育部生活教育センター秘書) 王麗景(屏東教育大学教育学部/台湾男女平等教育協会) 陸昌賢(元参与/現独立自由労働者)元カウンセラー/現在独身フリーランスのヘルパー)

ジェンダーフレンドリーな社会が到来したかと思いきや、実は、カリキュラムへのゲイ教育の盛り込みから、カップルの多様性に関する法律の阻止まで、ゲイコミュニティに対する日々の差別が繰り返し強調され、国家政策の加担さえ伴っています。ゲイ」コミュニティが誇らしげに行進できる一方で、国家システムの暴力によって離れることも、成長することもできず、未来が見えない「性的難民」たちがいるのです:

  • 誰も置き去りにしない包括的なスクリーニング政策は、医療資源なのか、公衆衛生上の吸血鬼なのか。
  • 年上のゲイによる未成年のゲイの誘拐は、ニュースの事実なのか、田舎の伝説なのか?
  • 文明国であるはずの台湾が、なぜ外国人感染者を追放し、ブルーカラーの出稼ぎ労働者に審査を義務付け続けるのか?
  • ゲイ教育シラバスは保留、True Love Coalitionが迫る、ジェンダー教育のゆくえは?
  • 宗教的信念によって保持される生活教育における家庭倫理は、ジェンダーフレンドリーな空間をどのように支えることができるのか。
  • 学校での男女共同参画教育がセクハラや性犯罪防止に矮小化され、若者の心の諍いが常に性犯罪として報道されるようになったら、子どもの性の自律性はどこにあるのか。

エロティックなシチュエーション×ゲイ/ライフ教育×ティーンエイジ・エロティシズム。 国策につまずき、間違った3つの問題をどう理解すればいいのか。どう行動すればいいのか?

2013 Pre-Tour Forum ~誰が見ているのか、性の難民たち~ 性的緊縛の欲望シーン

13 10月 NTU Alumni House
参加者:チョン・クワンチュ(協会スタッフ)、リトルD(革縄虐待グループメンバー)、チャン・パクホ(ゲイ&レズビアンアドバイスラインのセクシャルライツユニットボランティア)。

抽象的である。

長年にわたる社会的な議論の末、セックスワークに対するスティグマと差別が緩み始め、合法化の必要性が模索され始めたが、この合法化は「距離を置いた合法化」であった。政府はセックスワークの合法化の必要性を議論してきたが、この合法化は「距離を置いた合法化」である。

チョンによると、セックスワーカーはゲイの人たちと同じような状況に直面しているそうです。ゲイの人たちを尊敬しているし、差別もしていないと主張する人もいるが、自分の子どもはゲイにはなれない。彼女は、過去に性風俗が世間や政府からある種の暗黙の了解を得ていたが、性風俗が周囲の人々にノーマライズされることはなかったと考える。


(台湾ゲイ&レズビアン同盟のウェブサイトより引用)

最新記事

ja日本語